OA機器を購入するときに確認しておくポイント

安価な価格

安価な中古ビジネスフォンの登場とその利用

ビジネスフォンはあらゆる企業にとって必須ともいえるビジネスツールです。しかし、その導入に際しては莫大な費用がかかることから、購入せずにリースを選ぶということも珍しくありません。リースの場合には月々の費用が嵩むため、長い目で見ると購入した方がよいという側面もあります。費用の削減に動くことが多い今日において注目されてきたのが中古ビジネスフォンであり、端末自体の料金が0円というサービスを提供する業者も生まれてきています。中古ビジネスフォンとはいえ、きれいにクリーニングされて再利用されていることから見栄えで劣ることもなく、機能も一般的には十分なものです。そういった兼ね合いから今後の傾向として中古ビジネスフォンを利用する合理的な企業が増えていくでしょう。

耐用年数に注意が必要

中古ビジネスフォンを利用することにより導入にかかる費用を抑えてビジネスフォンを利用できるようになります。しかし、気をつけなければならないのはそのビジネスフォンの端末の耐用年数です。 法廷耐用年数はビジネスフォンでは5年か6年となっているものが一般的です。中古ビジネスフォンとして出回っているものは、基本的にはリースで利用されたものが多く、5年から7年程度の使用を行った後の製品であるというのが一般的になります。そのため、安価に導入することができても故障が生じるリスクがあるということには留意しなければなりません。故障がおこっても代替品を安価に導入できたり、新品に入れ替えて行くこともかのうであるため、そういったリスクがあっても中古ビジネスフォンの需要は高まっていくでしょう。